ロスミンローヤルを飲むと、尿の色が変わることがあるとは本当なのでしょうか。
実はそれに関しては、ロスミンローヤルの説明書にも丁寧に、尿が黄色くなることがあります、といった内容が記載されています。
ロスミンローヤルの配合成分として、水溶性ビタミンなども豊富に含まれています。
それらは時間が経過すると、尿と一緒に排出される成分もあるので、そのために色が黄色くなります。
いつもと色が違うことに、最初は驚くかもしれません。
しかし、配合成分のビタミンB2が、一緒に一部分だけ排泄されるためであり、全く心配をすることはないです。
お肌の生まれ変わるサイクルは、およそ28日間になります。
ですから飲むのであれば、1回だけではなく継続して、最低でも1本は飲み続けることです。
お肌の細胞は誕生をして、今までの古い細胞とバトンたちをするまでには、28日感を必要とします。
飲んでいてもすぐに変化が出ないと、飲むのをやめてしまいたくもなります。
でも劇的な変化ではなく、ゆっくりと変化は訪れます。
だから1本は飲んでみて、しっかり変化を期待したい時には、2本から3本を頑張って継続をしてみることです。
飲み忘れた日があったとしても、1回分野の無料を増量することはしません。
ロスミンローヤルは1回につき、3錠を飲むというのを守るのが正しい飲み方になります。
逆の事を言うと、それ以上を1回に飲んでも、あまり大きい効果を、期待はできないです。